シェアハウスの初期費用について知っておきたいこと

賃貸の部屋を借りる際は、敷金や礼金などの初期費用がかかるのが一般的ですし、その費用は家賃の数か月分か、または金額にすると数十万円程度かかるのが普通です。なので、ある程度まとまったお金がないと部屋を借りることが難しい場合が多いと言えるでしょう。
そして初めて一人暮らしをする場合だと、家具や家電をすべて新しく買わなければならないため、その費用もかかってしまいます。さらに、新しい部屋に引っ越しを行う際は、引っ越し業者へその作業を依頼しなければならないため、その分の費用も必要です。
しかしシェアハウスの場合は、入居時に必要なさまざまな費用がかなり節約できると言われているため、あまり貯蓄がないという人にも便利だと言えます。ここでは、シェアハウスを借りる際に必要ない費用と、必要な費用について紹介します。

一般の賃貸と違って必要ない費用

まず、必要ない費用については、敷金や礼金などが挙げられます。先ほども紹介したように一般的な賃貸では、これらの費用がかなり高額になってしまうことが多いと言えますが、このタイプの賃貸では、敷金や礼金、そして不動産会社へ支払う仲介手数料がまったくかからないケースが多いと言えます。
ですので、一般の賃貸を借りる場合と比べるとかなり費用を節約できると言えるでしょう。そして家具家電に関しても、一般の賃貸と違ってそれらがあらかじめ用意されている場合が多く、文字通り同居人と家具や家電をシェアできるため、新しく購入する必要がないケースも多いでしょう。
さらに引越しに関しても、家具や家電などを持ち込む必要がない場合が多いため、引っ越し費用を安くできますし、あるいは荷物が少ない場合は自分で運ぶことも可能です。

入居時に必要となってくる費用とは

シェアハウスでは、一般的な賃貸を借りる場合と比べると、かなりの初期費用を抑えることが可能ですが、必要になってくる費用もあります。それは、保証金を意味するデポジットと呼ばれるものであり、多くのケースでこの費用を支払う必要があります。
デポジットは、基本的には退去時に返してもらえるお金ですが、場合によってはクリーニング代が差し引かれる場合がありますし、部屋を汚したり破損させたりした場合はその修繕費として追加料金が請求される場合があります。ですのであらかじめ契約内容をよく確認しておくことが必要でしょう。
そしてデポジットの金額は、物件ごとに変わってきますが、1万~5万円程度が相場だと言われています。その他に必要となる初期費用としては、事務手数料や火災保険料、そして鍵交換費用などがあります。

キッチンには調理器具も充実しています。 新築・セキュリティ完備をしている東京のシェアハウスです。 とても清潔でお洒落なシェアハウスです。 地方から上京してきた若い方も多く入居しています。 新築物件に特化した東京のシェアハウスです。 初期費用がお得なシェアハウスです。 個人用の郵便受けも完備していますのでプライバシーの面でも安心です。 シェアハウスの初期費用はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加