都内のシェアハウスの初期費用について

都内で一人暮らしをするには、ある程度のお金が必要です。高い費用が原因で一人暮らしをためらっている人も多いはずです。そんなときに検討してみたいこととしてシェアハウスが挙げられます。 プライベートが制限されるイメージがあるかもしれませんが、その一方で、都内でもかなりの都心部にお得に住むことができる可能性もあり、デメリットばかりともいいきれません。そこで、実際に都内で一人暮らしをする際に、必要になる初期費用や準備などについてまとめていきます。 基本的には一人暮らしをマンションやアパートでしてしまうよりもはるかに安くすむことが多いです。お金に困っているがオフィスの近くに住んでいたいといった場合や、新しいコミュニティを作りたい、といった場合には、検討してみる価値があるかもしれません。

入居に際して必要となる初期費用について

入居に際して必要となる費用については、敷金や礼金の有無によって大きく変化するのが現実です。しかし基本的にアパートやマンションでの一人暮らしを始めるときに比べると半分から2/3程度で収まると考えるといいかもしれません。 アパートやマンションで生活すると敷金礼金に加え、不動産会社に支払う仲介手数料、家財道具を運ぶための引っ越しの費用や、アパートやマンションの共益費、水道光熱費、火災保険料、新たに購入する家財道具などの費用が発生します。 シェアハウスの場合こうした費用の中で削減できる部分が多いです。特に家財道具が既に用意されている場合、初期に発生する費用の多くを削減できる可能性があります。若いうちは特にお金の工面に苦しむことも多く、こうした点も魅力の1つといえます。

都内シェアハウスの家賃について

実際の家賃については、どうなっているのでしょうか。都内の場合、やはり立地に左右される場合が多いのが実情です。しかしやはりそこは一人暮らし用のアパートやマンションとは異なるため、かなりお得に入居できる場合が多いと考えられます。 六本木や麻布といった一等地であっても家賃が70000円程度である物件などもあり、オフィスの近くで安くある程度の生活水準を保ちたい、といった願望がある際に有力な選択肢の一つになるのではないかと考えられます。 特に最近では女性限定といった条件で安く入居できる物件も増えてきており、女性の方も安心して入居できる環境も増えつつあります。プライべートが少し制限される、という問題はありますが、逆に防犯などのセキュリティーの観点から考えると、家賃や立地の割にお得に生活することが可能です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加