キャンペーンの活用でシェアハウスの初期費用を節約

2010年以降から日本で流行り始めた住宅の形態に、シェアハウスと呼ばれるものが存在しています。もともとは海外で流行った居住形態ですが、日本人にとってもメリットは多いことから少しずつ若い人の間で流行り始めました。 基本的にはワンルームの部屋が与えられており、それらは自分のスペースになる一方で、共有スペースも存在します。共有スペースでできることは料理などですが、それ以外でも複数の人と映画を見るなど楽しいことを共有することができる点に大きな魅力があるでしょう。 借りる場合には、普通の賃貸住宅と同じように初期費用がかかります。ただ、場合によってはキャンペーンにより割引きされていることがありますので、よく調べてみることが大事です。定期的に賃貸情報を確認し、より良い条件で借り入れをしましょう。

どれぐらい割引きされるのか知っておこう

シェアハウスは、賃貸住宅と同じように初期費用がありますが、その具体的な中身は火災保険や敷金・礼金などになります。敷金は住宅を退去するときに戻ってくるお金ですが、最近は敷金も少なく設定してお金が戻ってこないようにする仕組みが一般的です。仮に戻ってきたとしても預けたお金の1割程度でしょう。 これに対して礼金は、もともと物件を貸してくれた大家さんに支払うお金として存在していましたが、最近は不動産会社に支払うお金になっています。通常の場合、借りるときに支払うものになりますが、それぞれ家賃の1か月分ぐらいと考えておきましょう。 当然ながら時期によってはキャンペーンをしていることがあり、敷金と礼金が無料になっていることが考えられます。逆に火災保険などは無料になることは少なく、キャンペーン中でも支払わなければなりません。

どのような時期に借り入れするのがよいのか

これから近い将来にシェアハウスを借り入れしようと思っている人は、可能なかぎり初期費用が安い時期に借り入れすることが大事です。つまり、一定の期間だけキャンペーンとして安くなっている時期を狙うことが大事になるでしょう。 いったいどのような時期に安くなっているかは、オーナーによっても異なりますが、おおよそその時期は決まっています。オーナーの立場に立てば、空室を出したくありませんので、空室が出やすい時期にキャンペーンをする可能性が高くなります。 空室が出やすい時期とは、多くの人が移動する二月から三月ごろになるのが一般的でしょう。あらかじめ十二月ぐらいから情報収集し、敷金や礼金などが安くなっていないかをチェックしておきましょう。場合によってはそれ以外の時期に出ることもありますので、少し早目にチェックが必要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加